こんな高校生はぜひ
へ!

部活で忙しいけど成績を上げたい!
部活と勉強の両立
空いた時間にたくさん受講したい!
時間の有効利用
もっと上位の大学に行きたい!
飛躍的な学力向上の実現

東進衛星予備校の特徴

高速学習

毎日受講することができますので、一気に学力を高めることも可能です。 また1回90分の授業を1.5倍速で受講することで約30分短縮できます。その30分を復習に充てたり、もう一度視聴し直したりする時間にすることもできます。映像を駆使したIT授業だからこそできることです。

実力講師陣

東進の講師は、日本全国から選りすぐられた大学受験のプロフェッショナル。人気の参考書の執筆者をはじめ、何万人もの受験生を志望校合格へ導いてきたエキスパート達が、どうすれば理解できるかをとことん考え抜いた授業によってあなたの理解を深めます。

スモールステップ
カリキュラム

東進の講座レベルは12段階。現在の自分の得意不得意に応じて最適な受講レベルの講座を選べます。そして、各回の授業後には確認テストを受け、合格したら次の回の授業に進むので、学んだことを確実に自分のものにしていくことができます。

よくある質問

Q.

映像の授業が自分に合っているかどうかわからないのですが。

A.

無料の体験授業を受けてみてください。体験してみないとわからないこともあります。受講した感じでご判断いただいて構いません。

Q.

高2生ですがいつごろから受験勉強を始めればいいですか?

A.

今すぐにでも始めてください。大学受験は早く準備をした人が有利です。東進の講座は無学年制ですので、一気に受験レベルまで引き上げることができます。実際勉強をしていておわかりかと思いますが、1科目を完全に修得するだけでも大変です。高3生になって一気に受験科目の全てを受験レベルにまで引き上げるのはなかなか大変です。特に英語は高2生のうちにできるだけ自分の志望する大学の受験レベルに近い学力にしておくのが得策です。

Q.

高3生です。MARCHレベルの大学に行きたいと思っています。まだ受験勉強を本格的にやっていないのですが、高3の4月から始めて間に合うでしょうか?

A.

東進の高速学習や高速マスター基礎力養成講座(※)を上手に使いこなせば夢を実現させることは十分可能です。実際にそうやって学力を上げて、中央大学法学部(翔陽高校卒)、明治大学政治経済学部(東大和高校卒)に現役で合格した先輩がいます。いずれの生徒も高3から始めた生徒です。高3入学で電気通信大学(調布南高校卒)に現役合格した先輩もいます。短期間で学力を上げるには相当の努力が必要ですが、東進のツールを使いこなすことで、学力を合格レベルにまで一気に高めることができます。 基礎力が大幅に不足している場合には、早急に高速マスター基礎力養成講座を始めて、基礎学力を身に付けるのがいいと思います。 ※高速マスター基礎力養成講座…オンラインで英単語・英熟語・古文単語などの暗記や、数学計算 演習などができ、短期間で基礎力が身につく講座。

Q.

映像授業とライブ授業で迷っています。

A.

忙しい現役高校生の様子を見ますと、映像授業の方が時間を有効に活用できている生徒が多いです。普段は担任・担任助手の指導もあります。勉強・受験に対する悩み相談、志望校の相談等は担任と担任助手が行っています。受講生が集まってホームルームも開いています。様々な情報提供の場として活用しています。映像授業とライブ授業のどちらにもメリット・デメリットがあります。自分の学習スタイルにはどちらが合っているかはご自身でしかわかりませんので、ぜひ体験授業を受けてみてください。

Q.

公立高校の1年生です。受験勉強を始めるのはまだ早いと思っているのですが。

A.

決して早くはないです。中学生の時に苦手だった教科が大学入試で必要となるのであればなおさらです。難関大学に合格するにはまずはしっかりとした基礎学力が必要で、その基礎学力を身に付ける上で、高1~2生の間の勉強というのは非常に大事なのです。高1~高2のうちに入試で必要な科目でありながら苦手にしている科目を克服しておけば、高3になって慌てることはありません。それに、高校受験ではライバルではなかった難関国私立中高一貫校生が大学入試ではライバルともなります。公立校生が高1で習うことを中3の時点で学んでいます。このことを考えると受験勉強を始めるのは高1でも決して早くはありません。

Q.

東進は難関大受験向きだから、基礎の基礎からやるのは不向きと聞いたのですが。

A.

そんなことはないです。確かに難関大の現役合格者は多いですし、東大現役合格者数には圧倒されるでしょう。基礎力が不足している生徒からは敬遠されがちではありますが、それはとても残念です。東進の講座は12段階で、中学校内容を含んだ基礎の基礎から学べる講座もあります。高等学校対応の講座もあり、学校の授業内容を基礎から学ぶこともできます。また、高速マスター基礎力養成講座で、受験に必要な基礎力を短期間で身につける講座もあります。ぜひ東進で基礎学力を身につけて難関大に合格してほしいと思います。

Q.

受験準備をそろそろ始めたいと思っているのですが、部活がまだあり、両立できるか心配です。両立は難しいでしょうか?

A.

難しくはありません。部活をやりながらでも難関大に合格した先輩はたくさんいます。しかしそのような話はたくさん聞かされていると思います。実際どうかと言えば、部活生はやはり19時~20時30分の間の来校が多いです。平日は当校は22時(※)までの利用となっていますが、1講座約60分で受講できる東進の高速学習のメリットを活かして、1~2講座受講して、ほとんどの生徒が22時前後に帰っています。また、受講予定日に部活でどうしても都合が悪くなって受講できなかった場合でも、受講順を狂わせることなく後日受講することができるので、この点でも部活をしている現役生には助かっているのではないかと思います。(※)夏期や冬期など、利用時間が異なることもあります。

ACE進学会の個別指導

学校で学ぶ内容の完全理解を目標とした指導を行います。定期テスト前にはテスト対策指導を無料で行います。
苦手科目を克服し、定期テストでこれまでよりも高い点をぜひ取ってください。

これまでの個別指導合格実績

早稲田大学、明治大学、東京理科大学、中央大学、東京薬科大学、山形大学、
国立看護大学校、日本大学、東洋大学など

※すべて現役です。

ACE進学会の個別指導内容

指導科目

英語と数学が主になりますが、必要に応じて他の科目も指導可能です。

指導内容

学校の授業内容の完全理解を目指します。高3生の希望者にAO入試対策・公募推薦対策も実施しています。

授業回数

最低週1回からの受講が可能です。

月謝

授業時間1回80分
費用¥15,000〜
随時受け付けています。体験授業を受けたい校舎に直接お電話ください。
東進の講座との併用も可能です。

合格実績

2020〜2023年度
大学入試合格実績校
祝!合格おめでとうございます
  • 東京工業大学
    理学院
  • 早稲田大学
    社会科学部
    基幹理工学部
  • 東京理科大学
    理学部
  • 東京都立大学
    理学部
  • 明治大学
    文学部
    情報コニュニケーション学部
    国際日本学部
    総合数理学部
    理工学部
  • 青山学院学部
    総合文化政策学部
    理工学部
  • 中央大学
    文学部
  • 法政大学
    法学部
    理工学部
    情報科学部
  • 成蹊大学
    文学部理工学部
  • 成城大学
    文芸学部
    社会イノベーション学部
  • 国学院大学
    法学部
  • 日本大学
    法学部
    文理学部
    理工学部
  • 東洋大学
    法学部
    国際観光学部
  • 駒澤大学
    法学部
    経営学部
    文学部
    グローバル・メディア・スタディーズ学部
  • 専修大学
    法学部
  • 芝浦工業大学
    システム理工学部
    工学部
  • 工学院大学
    工学部
    情報学部
  • 東京都市大学
    理工学部
    メディア情報学部
    情報工学部
  • 東京電機大学
    工学部
    システムデザイン工学部
  • 明治薬科大学
    薬学部
  • 東京薬科大学
    薬学部
  • 武蔵野大学
    薬学部
  • 東京女子大学
    現代教養学部
  • 昭和女子大学
    人間社会学部
  • 杏林大学
    保健学部
    外国語学部
  • 東京経済大学
    経営学部
  • 亜細亜大学
    経営学部
  • 帝京大学
    文学部
    経済学部

合格体験記

準備中